いろいろクリエイティブなこと創ります。デザイニングコミュニケーション・デコパワー。

デザインとは「根本の否定」である。

 

『デザインとは「根本の否定』である」のコンセプトのもと、「デコパワー」は1995年4月に創業しました。

1995年といえば「阪神淡路大震災」があった年です。
それまでの私は、天変地異が起こってしまったら、デザインなんてものは必要のない社会になってしまうのではないか、と考えていました。
平和であることがデザインの最低条件であると。

しかし、メディアを通してではありますが、阪神淡路の復興の様子やそこに生きる人々を見て、人が生きるための創意工夫こそが「デザイン」なんだ、と考えるようになりました。
私たちは生きるための行動として、デザインという努力をするんだ、と。

この世のあらゆる事象に対して、常にその根の部分を見つめ、そして柔軟に対応(デザイン)していく…デザイニングコミュニケーション…
そんなことを考え、行動している、名古屋のデザイン事務所です。
 

デザイナーは、何でも屋かも。

グラフィックデザイナーは、はっきり言ってなんでもというぐらいいろんなものをデザインしちゃいます。基本的には印刷物を中心とする広告媒体などの平面的なデザインが多いんですが、長らくこういう仕事をしていると、まあ様々な仕事の依頼をいただきます。場合によってはやったことないことも「できます!」なんていって仕事を受けることもあります。
サインデザイン、プロダクトデザイン、店舗デザインなどなど…専門的な設計技術の必要なものは、コンセプトデザイン的なものをおこしたりといった具合です。
ミクロなもの(個々のデザイン物)からマクロなもの(プランニングおよびデザイン)まで、ある時は浅くある時は深く、そして狭くもあれば広くもある。「マルチ」というか、ようするに「何でもや」なんです。
 

アナログとデジタルのハザマで。

1990年代前半にデザイン業界のデジタル化(Mac化?)が押し寄せてきました。当時勤め人だった私は、Macintosh IIsi というマシンを自費で購入。会社に持ち込んで無理矢理仕事に使ってました。それほど現場ではデジタル化が理解されてなかったんです。パソコンはまだまだ高価なものでしたし。おかげで、独立してからもしばらくローンを払い続けてました。導入した時、毎月10〜20万円あった写植(わからない人いるんでしょうね)の外注費が翌月にはいきなり数千円になったのを覚えてます。あの写植やさん今どうしてるんだろう…。
というように、自分たちはアナログからデジタルへの変化をもろに経験できた世代だと思ってます。それを生かすも殺すも、自分次第、クライアント次第、お仕事次第…と。
 


Print Media
会社案内、名刺、DM、チラシなど、ほとんどの印刷媒体。

Web Media
ホームページ制作、更新、FacebookなどあらゆるWebサービスとの連携・活用。

Illustration
必要なところ最適なイラスト表現。

Character
企業やお店メッセージを伝える人格を創造。

Manga
言葉では説明できない!伝えにくいことを解りやすく伝えたい!

Mark/Logotype
企業・店舗・サービス、様々なマーク・ロゴを制作。

Video
企業PRなどに映像はDVDだけでなくYouTubeなどネット配信にも利用。

Other
その他、様々なツール・アイテムをクライアント様に提案。

船戸 和広

Director/Designer

横山 由美

Director/Illustrator

decopower(デコパワー)は、あらゆる制作物のデザインまたはアートディレクション・ブランディングなど、様々なジャンルのデザインを手がけるデザインスタジオです。

〒460-0003 名古屋市中区錦3-15-1 ユース栄宮地ビル5F
Tel : 052-212-8246 Fax : 052-212-8247

Outline

商号

decopower(デコパワー)

代表

船戸 和広(フナドカズヒロ)

創業

1995/04